第11話 胃と食事

気温も下がり、寒くも感じつつ過ごしやすい季節になりましたね^^

前回も書きましたが、食べて元気を出す!のは健康な状態の身体に言えることです。【時間が来たから】【食べないと元気にならないよと心配してくれて】など、シチュエーションは多々あると思いますが、身体の調子が良く無いときにはむしろ元気になるには食べないことも1つです!

昔、いいともでタモリさんとサンプラザ中野さんが、究極食べない方が健康だと喋っていたのが今でも記憶にあります。若干の言い回しはすみません。

でもこれって、調子が悪い時なんかは当てはまるかもと思っています。というのも、体調が良く無い時は胃の調子も落ちていることが多いです。そしてその時胃は冷えてます!

では、冷えている胃に食べ物を放り込むとどうなるか。。

imageBBQなどの火起こしと一緒で、火を起こす時、はじめに火が大きくなる前に沢山の木を焚べてしまうと、酸欠になり火は消えてしまいます。

火が大きくなり勢いがある時はむしろ木を焚べて、火が絶えない様にしますよね!

胃も同じです!無理にお腹が空いていない状態で食事をしても、胃が更に冷えて調子が悪くなってしまいます。原理的には分かってても、中々この選択って選びにくかったりもします。ですが、疲れている時には、無理をしない!を少しだけ選んでみて下さい^^

あとは、軽いウォーキングなどで全身の巡りを良くして胃の働きを助けてあげるのも1つです^^無理しない様に町内を歩く程度でも^^

 

温穂堂HP  http://www.onpodou.com/

第10話 夏~秋にかけてのバテ

最近は昼はまだまだ暑い日が有るものの、朝、夜はめっきり涼しくなってきましたね!暦の上だけでなく、体感的にも秋を感じられるようになってきました^^

image

秋といえば〇〇な秋!と幾つかありますが、食欲の秋にまつわるお話です。美味しいものがたくさんある秋ですし、旬を味わいたいものです。

しかしこの時期のバテ症状、、、、

暑さで食欲が抑えられていた夏も終わり、涼しくなってきて食欲が出てくるのが本来の秋、食欲の秋です!ですが、どちらかというと少し前の話の様にも感じます。

というのも、最近の夏は暑いですが様々な文化の発展などにより、以前に比べ過ごしやすくなってきている気がします。建物に入れば冷房が心地良く、ペロリとランチをたいらげ、暑いし冷たいデザートや、フルーツなんかもいつもより多く食べる機会があったり、夜のキンキンに冷えたビールを楽しみに待ち。。アイスは新商品が続々と!(ついつい買っていしまいます…。ほぼ実体験です…。)また、熱中症対策もあり、常に水分は欠かさない。など。

image

すると身体はどうでしょう。もちろん胃腸に負担が徐々にかかってきます。ですが、夏本番の間は気温も暖かく、交感神経も働き意外と動けるのです。

夏は動けるのですが、がです!体感的にも秋を感じ、涼しくなってくる頃、ガクッと体調が悪くなる事があるのです。

image

これが本来の夏バテと言われてきたものです。最近では秋バテとかいうみたいですね。^^;こういった言葉は、戦略的な匂いもしますが…^^;

すでに少しバテ気味という方もいらっしゃると思います。では今からできる事は?

~今から少しだけ気をつけてみて頂きたい事~

夏に酷使した胃腸をいたわり、栄養重視で食事をしてみて下さい。そしてよく噛む事です!ただ、気をつけて頂きたいのは、規則正しく3食を気にして、食欲が無いのに時間だから食べなきゃという事はしない方が良いです。確かにベースは規則正しく3食ですが、もともと胃腸が弱っている所に無理は逆効果です。食べて元気をだすというのは、健康な状態から更に力をみなぎらせる事ですので^^この辺りについては次回更新にて。

その他食事以外では、まだかかっているであろう冷房対策。身体の内側の冷えを取るための、軽~い運動 あくまでも軽くです!!元気になるまで身体を追い込むのは注意です!足湯や半身浴(長時間は注意です)。

あとは夏よりも気持ち早く寝ることです。

そ日の症状その日のうちになんてフレーズがありますが、深まる秋へ症状を引きづら無い様に、まだ少し暖かい今のうちです^^

image

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

 

次回  胃と食事に続く!