肝について③

肝の働き

前回まで

肝について②

肝について

正常な働き

肝は外界と目を通しつながっている為、目の潤いが保たれ、視野が広がり、感覚的にも目が澄んだ感じになります。
頭にも上手く血が配分される為、物事の計画性や、仕事の効率もあがり、細かな作業にも精が出ます。年間スケジュールや、新規の仕事の案件などへの意欲も出てきます。
また、全身への血の配分により、身体の動きも良くなります。

 

過不足が生じ正常な働きが失われた状態


目の潤いがなくなり目がかすむ。又は傷も無いのに目がゴロゴロ痛む。(長時間のPC作業は、目に通ずる肝を酷使している状態です)
計画性が過度になり、細かなところが気になりイライラしがちになります。頭に血がのぼる状態になっているのです。これが過ぎると、上下の血の循環が上手くいかなくなり、足が攣ったりするのです。

春、季節的に肝がよく働くのは、むしろいい事ですので、悪い動きにならない様にしていく事が必要です。

ではどういった過ごし方が良いのか。

春は新しい出発や、異動など環境の変化がついて回る季節でもあります。春は新しい出発や、異動など環境の変化がついて回る季節でもあります。肝はそうした外界の変化に素早く対応するが故に負担がかかってきてしまいますが、ストレスとは逆に自然に触れリラックスしたり、川縁を歩いてみたりして、ゆっくりとした状況に持っていく事で、肝に負担をかけ過ぎず、また亢進している肝を落ち着かせる事が出来るのです。

外界の変化に素早く対応するという事は、上記の様に良い働き持っていく事にも敏感なのです。忙しい日常から離れた時にホッとするのはこういう事が内部で働いているのです。山や自然いっぱいの所など遠くに行く事が難しければ、近所を少し時間をつくり歩きながら空の移ろいや、草木を見るだけでも良いです^^

今はスマホが常にある為、散歩しても見てしまいがちですが、日頃の頑張っている疲れを癒すという目的を意識してグッと堪えて目線を上げ色んなものを見てみましょう^^

環境の変化の最前線で、私達の身体を防衛している肝と上手く付き合っていく事で、症状の軽減にも繋がっていきますよ^^

 

温穂堂HP    http://www.onpodou.com/

肝について②

肝の働き

肝は筋をつかさどる

前回の内容で “肝は血を蔵す” と書きましたが、血を蔵し全身に配分する事により、全身の運動を円滑にしています。この肝血が不足してくると、筋が無力になったり、ひきつれて痛みが出たりする。足がつったりするのは、この肝の血が関係しています。

肝について 参照

そして、この筋の余りとされている物が爪です。肝が正常ならば、血色がよい健康的な爪がキープされます。ただ、過度なストレスがかかるなどして肝が正常な働きが出来なくなると、爪は横線が入ったり、凸凹してきたり変形してきます。私自身、以前東京にいた頃は例に漏れず爪が凸凹していました。

東洋医学の力2 参照

 

爪は健康のバロメーターとはよく言ったもので、爪の状態は、ストレスと第一線で戦う肝の状態が目で見えるところですので、自身の爪の具合という事にも注目してみてください^^

 

■肝は目に開窮する

肝は、目によって外界と交流しています。肝が正常ならば目は充分に潤い、良くものを捉える事ができます。が、働きが衰えると、目がかすみ、目が疲れやすくなります。また、長時間のPC作業などにより、目を酷使した場合、目で外界と繋がっている肝そのものを疲れさせてしまっているのです。

目の酷使は肝と関係していますので、休息時に関係する肝が上手く機能しなくなるので、思った以上に身体そのもの疲れさせてしまっている事にも注意が必要です^^

 

先日立夏となり、春から夏に移りつつありますが、まだまだこの肝の変動により調子を崩されている方が、沢山いらっしゃいます。肝の動きは、若葉がグングンと成長していく様なものである為、この成長を阻害する要因さえ無くなればいい話ですが、これが分かっちゃいるけど…。という事なのです^^;

なので次回は、肝のまとめと、肝からくる症状に気づき向き合っていく簡単な方法についてです^^

 

温穂堂HP    http://www.onpodou.com/

 

肝について

肝の働き

■中に含め所蔵しているもの

を蔵す

・魂を所蔵して判断力や計画性など精神活動を支配。身体の活動を円滑に行わせたり、休息を指揮します。また、生体の防衛にもかかわる為、【将軍の官】【罷極の本と言われます。

肝が正常ならば、内外の変化に素早く対応ができ、適切な行動が出来ますが、変動をきたし、亢進しすぎるとイライラなどを引き起こし、反対に低下気味ではオドオドや不安感などをいだきます。これは、肝が内外の変化にとても敏感な為に、環境の変化や、取り巻くストレスに大きく左右される臓器でもあります。肝、肝臓というとお酒をイメージしますが、この環境の変化がとても密接な関係である事にも注意が必要です。

・心に従い往来するもの(心〔心臓〕が主君で肝が将軍とされています)

罷極の本・疲れをとる元

・血を蔵す

血液の貯蔵庫となり、内外の変化に素早く対応し、心臓に対して身体各部の血液量の配分、指示を出す働きをしています。安静時は肝に血を集め綺麗にすると共に、運動時の配分に備えます。肝が正常であれば、手足はスムーズな運動をすることが出来ますが、変動をきたし亢進すると血の熱を生む性質により上に上にと上逆し、頭痛、顔の火照り、のぼせ、回転するような目眩、目の充血などを起こします。逆に低下すると、顔が青ざめたり、フッと落ちるような目眩、目のかすみなどを起こします。

※肝に血を集める為に、脳の血液量が少なくなり、眠さを覚えるとも言われています。また、血液から毒素を抜く役割があるのは、現代の医学でも言われています。血に関係する事は肝が大きく関わってきますので、月経異常にも肝が関係してきます。

肝は春によくも悪くも、大きく変動しやすいです。

私自身のギックリ腰も例に漏れずこれに該当してきます^^;

と、ここまでで、続きは次回へ

 

温穂堂HP   http://www.onpodou.com/

おんぽブログ再始動

大変長いこと沈黙を守っておりました!

4月に入り新年度すでに日にちは経過していますが、ここから再始動します^^

病気の原因や、病気に対して鍼がどういう風に効果を発揮していくというお話をまた書く前に、各臓器の東洋医学でみる生理的な働き(本来の働き)を書いていこうと思います。

その後それが乱れた時の、各症状について触れていきます^^

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

実際

ご無沙汰な更新となります。

今回は明確なテーマはないのですが^^;

実際、自身も東洋医学に従事して患者さんに治療を施し、ブログも書いて、養生に気をつけましょうと言っておりますが、、、難しいです。はい。

日々、食事、運動、睡眠全てにおいてベストを追求し実行する!まだまだ現在の私には出来てません^^;

お正月も例年寝正月に近くなりがちです。そして新年最初の仕事までに戻す!と。普段の過ごし方と身体への影響はとてもとても重要です!!これは間違いありません。

でも、息が詰まってしまいますよね〜。

ベストの追求はとても大切です!でも東洋医学では心身一如といって心と体は一つのものとして考えられています!

常にベストを追求していたものがつまづくと、心が割り切れない場合、身体に反動が返ってくる事は大いにあります。

0か100!その前に60~80のベターを選ぶ!

自然とこうなっている事は多いと思います!でもそれがいいんだと思います^^身体をよくしたいが為に、心を擦り切らしては辛いだけです^^

ベターを維持して心身共に健康にいきましょう!!

 

温穂堂HP   http://www.onpodou.com/

第15話 顔の吹き出物と内臓の関係


二十四節気の大雪も過ぎ、もう間も無く冬の至り、冬至がきますね^^新潟市内もいつ雪が積もってもおかしくないですね^^;

仕事納めも近づき、この時期は忘年会で忙しい方もいらっしゃるのでは?

楽しくお酒を飲んで、沢山食べて、笑って、寝ると。^^すると翌日、口の周りや顎から耳にかけての間に吹き出物が!!な〜んて事も。

西洋医学的にはホルモンバランスの乱れなど言われていますが、臓器のバランスという意味では東洋医学から見ても似ています。ただ、東洋医学では顔の位置によってどこの内臓に負担がかかっているのかという事も弁別出来るのです。

 

口周りの吹き出物

大まかにいうと胃腸の反応が現れ易いです。特に口の下から顎にかけて大腸の反応が現れやすく、口の上近辺では胃の反応が現れ易いです。口の両側(口角あたり)も胃の反応が現れ易いです。

※赤ちゃんの顔の湿疹も同じ事が言えます

 

顎から耳にかけてのラインの吹き出物

耳裏のリンパ節あたりも含みます^^こちらは主に肝臓、胆のうの反応が現れ易いです。また耳近くでは腎臓、小腸の反応も現れます。

肝臓、胆のうがはストレスと密接な関係にありますのでストレスにより湿疹が出てくる事も多いです。

腎臓は身体の水分調節における大切な臓器ですので、多量のお酒を飲んだ後などは反応が出やすいです。

場所は違えど、どちらも内臓が大きく関係しています。こういった吹き出物は外から一生懸命薬を塗っても中々良くなりません。

 

早く治す為には

ビタミン摂取など数多くありますが、まずは胃腸を休めてあげる事です。

食事にお酒、内臓はフル活動で消化にパワーを注いでいるわけですので少し楽にしてあげましょう^^

まずは食事量を少し抑え、冷たい物を取らず、胃腸を温めてみて下さい^^また、アルコールや、カフェインの多いものや、刺激が強く興奮性のあるものは陰性が強く、一時的に暑くなりますが結果的に身体を冷やしてしまいますので、(二日酔いの時など足がとても冷えています)飲み会の翌日などは、これらを摂らないように心掛ける事も必要です^^

逆に陽性の物として、梅干しや、番茶を少し摂ることで、中から温まり、内臓の力が戻ってきますのでこれも是非試してみて下さい^^

何れにしても、陽性のものでも摂りすぎると胃腸の負担になる事には変わりないので、加減しながら試してみて下さい^^

 

肝臓、胆のうラインの湿疹や吹き出物でストレスに心当たりがあれば、少しウォーキングなどをして心をリラックスさせてあげて下さい^^

ここでストレス食いをしてしまうと、更なる吹き出物に繋がりかねませんので気をつけましょ〜^^

 

温穂堂HP  http://www.onpodou.com/

第14話 喉が渇く時

なんだか喉が渇いてしょうがない!

なんて事はないですか??東洋医学ではこれを口渇と言います^^

人の身体の60%は水分で出来ているというのはご存知かと思います^^

摂取と排泄を繰り返し、常に身体の中で循環しています。ですが、単純に水分量が足りなくなったり、量はあるが循環が上手くいかず、ある部分で足りない状態を生み出し喉が渇く状態となります。

運動後や、お風呂に入った後は、体外に汗として水分が出てしまっているので喉の渇きが起こり、身体に水分を補給しようとさせるのは自然な事です^^ただ、ジョギングをした後など、喉が渇く感じが続き、必要以上に水分を摂りお腹がチャポチャポした経験もあるかと思います。

また、なんでか知らないけど、喉が渇いて水を飲むが、すぐにまた喉が渇いている。こんな時、身体には何が起きているでしょうか?

 

運動後・入浴後続く必要以上の喉の渇き

これは、身体が熱を帯び、熱の性質により身体の上半身に熱が集まり、喉が渇いている状態を生み出します。多くの場合顔は火照り下半身は上半身に比べ冷たくなっている事が多いです。この状態では、特に冷たい物を欲します。この状態では、必要以上に水分を取ってしまいがちです。休息をとったり、足元をあっためたりして、熱の循環を促してあげましょう^^

 

特に運動もしておらず、特別汗もかいてもいないのに喉が渇く

これは陽性が強い塩分をたくさん摂った時にもいえますが、内臓、主に胃に熱を持っている状態になっていますこの胃熱が食道をのぼり、口腔や喉の渇きを生み出します。また、胃熱がありますので食欲が増している状態でもあります。塩分以外の原因としては、強いストレスや、イライラによりストレスに非常に左右される肝臓が熱を持ちます。この肝臓の熱が胃熱を引き起こします。共に消化を司る臓器ですので、ストレス食いなどもこの機序によって起こります。いわば、熱が停滞して動きにくい状態ですので、身体を少し動かし心身共に巡りが良くなるようにしてみましょう^^

image

もちろん、あらゆる病気にも口渇という症状が入ってきますので、これらの症状が改善されないようでしたら、西洋医学的に検査する事も大切ですよ^^

 

温穂堂HP   http://www.onpodou.com/

第13話 立冬ですよ〜

ブログ更新をまごまご(方言?)しているうちに、気がつけば冬の訪れ立冬になってしまいました^^;

前回のブログで次は自分の失敗談を!なんて言ってたわけですが、ははは…。そんなに読み続けてくださっている方はいないでしょう!と自虐的に解釈して良しとします。…^^;こちらは後日にでも。

本題に移る前に、なんだか当初のブログからすると最近難しい所に突っ込んで行ったり、見えない何かに恐れ^^;凄く丁寧な言い回しを選んだりと、なんだか保守的になってましたので気持ちを改め、書きたい事を書く!もっともっと小出しにして更新数を増やす!笑  で頑張りたいと思います☆

さてさてそんな知りもしない意気込みは置いておいて、本題です!

立冬(冬の訪れ)

秋の土用10/20~11/6が終わり、今日から冬となります。

立冬は一年を24に分けた二十四節記の中で19番目にくる季節の事を指します。そもそもの発祥が中国の為、日本の季節感と少し違います。ですが毎年この頃に北海道で雪が降ったりして、冬を感じる季節です^^

余談ですが、ここから一気に訪れる冬に向けて、我が家も暖房設備を1つ新調しました。が、諸事情によりまだ稼働出来てません…。寒くなる前に解決してくれ〜。もめたいわけではなく、早く暖かくしたいだけなんだよ~。心の声です。

…はい!

暖房、布団、衣服もそうですが、身体の冬支度も必要です^^以前秋の養生でも書きましたが、出来るだけ自然界のリズムと合わせる事が重要です。最近でいえば日没がとても早くなりました。仕事など早めに切り上げる事が出来た日などは、早めに寝る事で身体のバランスを崩さず生活出来ると共に、冬本番に向けて陽気を補ってくれます。また、お休みの日は無理して早起きせずに、明るくなってから起きるのも良いのです!(ぐうたらして下さいという事ではなく、冬を健康に過ごすためには余計な負荷をかけない事が重要です)秋に収めた物を蔵に寝かしておくかの如く、冬はゆっくり過ごしましょう^^

食事は、大根やカブなど根菜類を火を通した物を盛り込むと良いと思います。根菜類の中でも特に冬に甘みを増すものが、身体には良いです!葉物ではありますが、この時期白菜やキャベツも甘みが増しますね^^これらが入った鍋なんて本当にうってつけだと思います!

image image

ただ今年は野菜が本当に高い!!白菜1/2で350円⁉︎身体に優しいですがお財布には。。少量ならお値段据え置きのパックのカット野菜が狙い目ですかね^^;笑

とくに年末から年明けにかけて忘年会や、新年会などで食事量、飲酒量も増えると思います!場合によっては仕事量も。。^^;とにかく身体を酷使してしまう時期なので今のうちから気をつけて、楽しい年末年始を送りましょう^^

また、冬の過ごし方で春の病を防げると古くからの書物に記されています。花粉症や春に頭痛や重だるくなり易い方は、この冬を大切にしてみてください!

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

 

第12話 秋の養生〜古典より〜

こないだまで暑いくらいだったのに、先週は治療院で暖房をつける程一気に冷え込みました^^;

全国的に寒いんですかね??

ですが秋らしい気候になってきましたね!といっても立冬まで一カ月もないですが…。

さて、そんな秋の養生法について触れてみたいと思います。今回は私個人の考えとかではなく、中国の前漢時代、つまり今から2000年も前の文献に書かれている秋の養生法を載せたいと思います。結構かたい内容ですのでサラッとでもどうぞ

※原文は白文の為、書き下し文と現代語訳を。

秋三月、此れを容平と謂う。天気は急を以てし、地気は明を以てす。早く臥し早く起き、鷄と倶に興く。志をして安寧ならしめ、以て秋刑を緩やかにす。神気を収斂し秋気をして平ならしめ、其の志を外にすることなく、肺気をして清ならしむ。此れ秋気の応、養収の道なり。これに逆えば則ち肺を傷り、冬に飱泄となり、蔵に奉ずるもの少なし。

なんのこっちゃですね。。

では現代語訳をどうぞ。

秋の三ヶ月(立秋から立冬まで)は、万物が成熟し、収穫の季節である。天気はすでに涼しく、風の音は強く急で、地気は清粛として、万物は色を変える。人々は早寝早起きすべきである。鷄と同じように、夜明けとともに起き、空が暗くなると眠り、心を安らかに静かにさせて、秋の※粛殺の気候の人体に対する影響を緩和させ、神気を※収斂して、秋の粛殺の気を和ませる。心を外にはたらかせないで、肺気を清浄に保持しなければならない。これが秋に適応して、「収気」を保養する道理である。もし、この道理に反すると、肺気を損傷し、冬になって食物を消化しきれないで下痢を病んでしまう。人が冬の潜伏閉蔵するという気に適応する能力を減少させてしまうのである。

※粛殺 ・厳しい秋気が草木を枯らすこと

※収斂 ・引き締まること、まとめること

はい、こちらも意味が少し分からない箇所もありますよね。私もです^^;

では、更に噛み砕いて一部分。

ここでの養生法というのは、秋の気候に応じた過ごし方であります。この時期は気温と湿度がグッと下がり風も冷たく強くなり、乾燥の邪気(燥邪)に一番影響を受ける肺や、呼吸器系の不調に注意です。また、この乾燥により身体の潤いが奪われ、皮膚のかさつき、便秘といった症状にも繋がります。早寝早起きは、秋の太陽の日照時間との兼ね合いですので夏よりも早く寝ることで、自然との調和がとれるのです。また、植物はこの時期に色を変え、実をつけ収穫の時期を迎えます。同じように私たちもまた、体としては収集する時期になりますので、この時期に必要以上に精神を擦り減らしたり、気持ちを外にばかり向けていると、このあとくる冬に不調が重なってきます。ですので秋は身体の冬に蓄え向けた準備も含め、栄養と睡眠をしっかりとり(特に睡眠は夏以上に)身体に潤いを与える事が必要です。

※下記オレンジ枠の中がこの季節に関係性のあるものです。

image

とはいえ、この養生法を完璧に全うするのは難しいです。ですが、少し意識するだけでかなり違うので、先ずは睡眠と食事からでも^^

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

“第12話 秋の養生〜古典より〜” の続きを読む

第11話 胃と食事

気温も下がり、寒くも感じつつ過ごしやすい季節になりましたね^^

前回も書きましたが、食べて元気を出す!のは健康な状態の身体に言えることです。【時間が来たから】【食べないと元気にならないよと心配してくれて】など、シチュエーションは多々あると思いますが、身体の調子が良く無いときにはむしろ元気になるには食べないことも1つです!

昔、いいともでタモリさんとサンプラザ中野さんが、究極食べない方が健康だと喋っていたのが今でも記憶にあります。若干の言い回しはすみません。

でもこれって、調子が悪い時なんかは当てはまるかもと思っています。というのも、体調が良く無い時は胃の調子も落ちていることが多いです。そしてその時胃は冷えてます!

では、冷えている胃に食べ物を放り込むとどうなるか。。

imageBBQなどの火起こしと一緒で、火を起こす時、はじめに火が大きくなる前に沢山の木を焚べてしまうと、酸欠になり火は消えてしまいます。

火が大きくなり勢いがある時はむしろ木を焚べて、火が絶えない様にしますよね!

胃も同じです!無理にお腹が空いていない状態で食事をしても、胃が更に冷えて調子が悪くなってしまいます。原理的には分かってても、中々この選択って選びにくかったりもします。ですが、疲れている時には、無理をしない!を少しだけ選んでみて下さい^^

あとは、軽いウォーキングなどで全身の巡りを良くして胃の働きを助けてあげるのも1つです^^無理しない様に町内を歩く程度でも^^

 

温穂堂HP  http://www.onpodou.com/