低気圧と体調

まもなく春分を迎えようとし、新潟市内ではようやく雪も溶け、春らしくなってきました。 それでも先週のように急に低気圧がやってきて、天気が悪くなりと毎日の天気の変動に身体が参ってしまうこともしばしばです。 新潟は特に変わりや […]

心について③

心の働き 前回まで 心について② 心について 正常な働き 君主(王様)である心が正常であれば、細部に至るまでの全身の血流量から、味覚、視覚における光彩調節など幅広く保たれます。 過不足が生じ正常な働きが失われた状態 過度 […]

春一番

一昨日2/14、春一番吹きましたね〜🌸 今年の寒波はもう十分!春一番に吹き飛ばしてもらいたい!と思っていたら、吹いてくれました〜!!😊春はもうそこですね!でも新潟が寒いのってこれからだったりしますよね…。 立春も過ぎ、春 […]

心について②

心の働き 現代では一般的に、心臓と呼ばれその作用は循環が主になります。動脈を伝い全身に血液を送り、全身から静脈を伝い戻ってきた血液を肺へ送り、また全身へくまなく循環させています。心臓の機能が停止してしまえば生命の維持が出 […]

立春

2/4は立春でしたね! とはいえ新潟はこれからまた冬本番の2月!寒さと毎朝の雪に怯えてます💦 でも、立春も過ぎ最近は少しずつですが日が長くなってきているのを感じます。 けれども寒い!! 早く春一番にこの寒波を吹き飛ばして […]

心について

心の働き ■中に含め所蔵しているもの ・神を蔵す ・神を所蔵して意識と精神活動を受け持ち、五臓六腑を統率する事から君主の官と言われる。君主つまり国でいう国王です。前回までの肝がこれに対して将軍の役割をして、あらゆる外から […]

肝について③

肝の働き 前回まで 肝について② 肝について 正常な働き 肝は外界と目を通しつながっている為、目の潤いが保たれ、視野が広がり、感覚的にも目が澄んだ感じになります。 頭にも上手く血が配分される為、物事の計画性や、仕事の効率 […]

肝について②

肝の働き ■肝は筋をつかさどる 前回の内容で “肝は血を蔵す” と書きましたが、血を蔵し全身に配分する事により、全身の運動を円滑にしています。この肝血が不足してくると、筋が無力になったり、ひきつれ […]

肝について

肝の働き ■中に含め所蔵しているもの ・魂を蔵す ・魂を所蔵して判断力や計画性など精神活動を支配。身体の活動を円滑に行わせたり、休息を指揮します。また、生体の防衛にもかかわる為、【将軍の官】【罷極の本】と言われます。 肝 […]

おんぽブログ再始動

大変長いこと沈黙を守っておりました! 4月に入り新年度すでに日にちは経過していますが、ここから再始動します^^ 病気の原因や、病気に対して鍼がどういう風に効果を発揮していくというお話をまた書く前に、各臓器の東洋医学でみる […]