春一番

一昨日2/14、春一番吹きましたね〜🌸

今年の寒波はもう十分!春一番に吹き飛ばしてもらいたい!と思っていたら、吹いてくれました〜!!😊春はもうそこですね!でも新潟が寒いのってこれからだったりしますよね…。

立春も過ぎ、春一番も吹き、季節は春へと変化します。それと同時に身体も見えない所で徐々に冬の陰気から春に向かって陽気が増え春仕様となっています。そして外の風景や、店頭に並ぶものも春色になってきて、気持ち的にも陽気が増してきます🌸

だけれども、外は寒いのです😨この移り変わりの時期は思わぬところで体調を崩す時でもありますので、お出かけの際などはまだまだ身体の芯の寒さ対策をしっかりとして、元気に春を迎えましょう‼

 

温穂堂HP  http://www.onpodou.com/

心について②

心の働き

現代では一般的に、心臓と呼ばれその作用は循環が主になります。動脈を伝い全身に血液を送り、全身から静脈を伝い戻ってきた血液を肺へ送り、また全身へくまなく循環させています。心臓の機能が停止してしまえば生命の維持が出来なくなってしまいます。これは言わば、国の王様が国政をしているようななものなのです。突然王様がおかしな行動に走ってしまうなと、国の崩壊の危機に晒される事だってあります。

こういったことから、前回の内容と重複しますが、王様を意味する【君主の官】と呼ばれます。

 

・こころが痛む

東洋医学において心の働きは、何も循環だけではありません。【神を蔵す】心の働きは神秘的であるとされています。よく私たちはこころが痛いとか、心が折れるなど、感情を表す際に心という言葉を自然と使います。使わずとも、胸に響くなど場所として心蔵あたりを示すこともあります。

東洋医学では、心は感覚・感情に関係しています。味覚、視覚、聴覚などそれぞれ舌、目、耳など機能としては肝臓、腎臓の支配だったりしますがそこからの情報を受けるのは心とされています。心が感じ取り、脳に指令を出していると考えられていました。そこを先人たちは感じ取り、先の心が折れるなどの言葉につながってきているのだと思います。

・鍼灸が出来ること

現代では精神的な疾患や、精神的要因を含む病が増えてきています。しかしこういった東洋医学の考え方の中に、病を改善するヒントがあると思います。薬を使い気持ちの上げ下げをその都度調整するだけでなく、身体のバランスをとり、体調が落ちる要因となる根本の部分を少しずつ埋めていくことで自ずと、同じ病になりにくい身体を作っていってくれるのです。自己治癒力は、何も傷口を塞いでくれるだけではありません。計り知れないものがあります。その動き出しに少しでもお手伝い出来るように私自身も、もっともっと学び、経験を積み、お役に立てるように精進していきます!

 

温穂堂HP

http://www.onpodou.com/

立春

  • 2/4は立春でしたね!

とはいえ新潟はこれからまた冬本番の2月!寒さと毎朝の雪に怯えてます💦

でも、立春も過ぎ最近は少しずつですが日が長くなってきているのを感じます。

けれども寒い!!

早く春一番にこの寒波を吹き飛ばして欲しいものです🙇‍♀️

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

心について

  • 心の働き

■中に含め所蔵しているもの

・神を蔵す

・神を所蔵して意識と精神活動を受け持ち、五臓六腑を統率する事から君主の官と言われる。君主つまり国でいう国王です。前回までの肝がこれに対して将軍の役割をして、あらゆる外からの攻撃に瞬時に反応して身体を害のあるものから守る働きをしていました。

またその昔、こころの働きほど神秘的なものはないと考えられ、心には神が所蔵されているとされた。そこから、精神という言葉に繋がってきます。精・神=腎臓・心臓となりこの2つの臓器は密接な関係にあります。

※腎臓の精に、ついては別項にて。


心は感情とさては喜びに配当されています。つまり心が正常ならば、気分は和やかになり、体内の循環もよくなります。しかし、喜び過ぎ、ハメを外しすぎると気持ちが浮くと同時に頭の方へ熱が溜まりやすくなり、のちに頭痛や吐き気に襲われる事があります。

もともと、血を常に循環させる臓器の性質から熱を蓄えやすいので、更に熱が更新されるとまた左右に配置される肺に熱が移り、呼吸器症状へと波及する事もあります。

・最近の症状として

心は季節に配当すると、夏となります。この時期は外気の暑さもあり、上手く発散できないと非常に胸苦しく、時に熱中症を引き起こします。ですが、ここ1ヶ月、冬にも関わらずこの心臓が強くなりすぎている患者さんが多いです。(医学的には心配なく、バランスとして診た時に)

この冬に配当される臓器は腎臓になります。そして心臓と腎臓は火と水の関係にあります。

おそらく、この幾度となくくる寒波によって腎臓がバランスを崩し、心臓の熱を冷ます役割が上手く出来ていないようです。

すると、なんだか胸苦しく、みぞおちあたりが苦しく、詰まる感じがして気持ち悪い。またのぼせ、夢を沢山見る、あまり寝れない。などの諸症状を引き起こします。

ですので、セルフケアとして上の熱を下に下げる為にも、足元を暖かくし足が比較的暖かい状態を作ってあげると少し緩和してくれるかもしれません。

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/