1話 自己紹介

初めまして!本日より温穂堂ブログを担当させて頂く、スタッフの齋藤です。

Facebook等の類も初めはやる気を出してみるものの、長続きしないので非常に心配ですが今回のブログはふわっと始めたのではなく、院長先生の指示であり仕事!!と言う事で頑張って更新していきます。

主に身体のケア、東洋医学、鍼灸のことがメインですが、東洋医学など専門的なことは私より詳しく、専門的な事を書かれている諸先生方のブログや、書籍で目にすると思いますので、免許を取り、東洋医学に従事して間もないからこそ感じる部分から書いていこうと思います。

「忙しいとかこつけて、更新しなくなりそう・・・・」 「頑張ります!」

1話目は簡単に私自身の紹介、今に至るまでのお話し

初回は、ほぼ自身の話になりますので、さらっとどうぞ^^;

自己紹介~東洋医学へのきっかけ~

さらっと飛ばされる事にめげずに、自己紹介。

齋藤弘朗 1986年生まれ。

県内の高校を卒業、専門学校で東京へ上京。

新宿にある服飾専門学校にて服作りを学び、レディースアパレルメーカーに営業として就職。

物づくりの楽しさを学び充実した日々を送るも倒産。これをきっかけに取引先だったレディースブランド会社に卸営業として転職。この転職は後に自分の中でとても大きなものとなります。

とても華やかな世界で、展示会をすればテレビや雑誌で見たことのある方が沢山いらしゃいます。夢を描いて東京に出た自分にとっては毎日とても魅力的で刺激的でした。

(いや~楽しかったなぁ)今でも鮮明覚えてるくらいですから。

大きい会社故、やるべき事、やった方がいい事はたくさんあります。中途半端で帰宅したくないし、レベルアップもしたい私は、連日連夜、日を跨ごうとも明るくなろうとも、プライベートも関係なく夢中で仕事をしていました。(あ、、残業は会社的にはNGでしたね。すみません。)

ですが、元来身体がそこまで強くなかった自分は、間もなくして心と体のバランスを崩しました。

感情と無関係に涙が出るなんてことはしょっちゅう 笑

そんな中、お盆などで帰省する度、鍼灸師である父の元へ届く、患者様からのこちらまで笑顔になれるような手紙などを見ていたとき、今まで感じたことのない気持ちが生まれました。

それは、やりたい事をやり、自分の弱さと直面し、自分と向き合った時、自分がこの先何をして、どんな家庭を、未来を描きたいかと。逆に弱さに気づいたからこそ感じれたことだと思っています。

正直、葛藤だらけでした 笑 今までが全て無駄になる、何をしに上京したのか。   でもそんなことなんてどうでも良くなるほど鍼灸の道は魅力溢れるものでした。

そして仕事を辞め、免許を取得する為学校へと入学しました。そして今春ようやく卒業、免許取得となり、鍼灸の道へと従事する事が出来ました。

回り道こそしましたが、ここからまた新たなスタートをきって、当時の自分のようにバランスを崩してしまった方や、悩みを抱える方々の力になれる様に頑張りたいと思います!!!


肩!腰!!膝!!! 鍼ってこんなイメージはあると思います。でも、調べれば調べる程、その鍼灸、東洋医学の本来の力の見せ場はもっと大きな所にあり、身体全体を変える!肩、腰、膝はその一つの結果として良くなると言う事でした。

過去、読んできた患者様からの手紙の内容も、イメージの代表の肩や腰のような疾患ではなく、もっと深刻な状態からの回復、改善の内容でした。

では、それは何か!?身体を変える?? ですよね。

ですが、、、

なにぶん、ただでさえ読みづらい余計な事を長く書いてしまいブログ全体が読みづらくなると嫌なので、次回から・・・・・・。。

いや、そんな自分の生い立ちだけ読まされても!という、大多数の方は、ひとまずホームページ内の症例を見て頂ければと思います。

ですが、私自分が感じていること、東洋医学の本来の持ち味については、次回のブログで改めて書きます!というのも、注目されている分野もありますし、何千年も繋がれてきた東洋医学といえども、西洋医学先行の中やっぱりとっつきにくいとか、分かりにくい用語がたくさんですので、かみ砕いて、イラストなんかも添えて丁寧に更新していきたいと思います。

先は長いので大切に大切に小出しに。。

温穂堂HP http://onpodou.com/

 

次回 東洋医学とは・東洋医学の力 へ続く!