第4話 東洋医学でいう気とは(前編)

第4話は気(氣)について書こうと思います。

東洋医学、取り分け特に経絡治療においてこの気がとても重要となります。

この気という言葉、なかなかこの文字一文字でピックアップして見ると、漠然としたもので、更にそれを感じ取ったり、動かしたりなんていうとどこかスピリチュアルな印象を抱かれる方もいらっしゃると思います。

この東洋医学からきた言葉、私生活とは遠く感じがちですが、逆に近い印象を受けるものとしては、この字を使った漢字の多さや、それを使った言葉です。

元気・気合い・嫌気がさす・空気を読む・気持ちが悪い。その他、たくさんの意味に使われています。


例えば空気を読むですが、その場の雰囲気をあらゆる観点から感じ取り、それによって行動したり発言をしますよね。これもいわば漠然としてますが、私たち自身何かを感じ取っているのです。

ですが、今日現在私たちが使っている気という表現と、本来の気(氣)では本質的には同じでも意味が少し違ってきます。と言うよりも違った表現方法でつかわれて物があります。

                 “病は気から”

例えば、“病は気から”これは本来、気持ちが弱いから病になるという解釈ではありません。

本来は、体表等を流れているが乱れた時に、病の原因となる物に負けてしまい病気になるのです。つまり病はの欠損からくるという言葉なのです。
image


つまり病気で弱っている時に、病は気持ちからだよなんて言われると、精神的に弱い自分が悪いなんて考えてしまいがちですがこれは間違いです!

気持ちが弱くなってしまうのは、すでに病が入り込んでしまったが為の結果の一つです。

。。。難しいですよね。でもそこを掘り下げる前に、気は身近にあるという事から徐々に。

気をつかう 気を使い過ぎて疲れますよね?そしてそれがストレスとなり、胃腸や肝臓などの免疫力を弱め、外邪(病の素)の侵入を容易にするのです。

そして本来のという目には見えないこの存在、意外と私達の生活で知らないうちに普通に使用されているんです!

 

最近では、赤ちゃんとの親子間で行うスキンタッチも流行っていますが、これはや東洋医学と繋がってます。といった内容は次回に!

 

温穂堂HP    http://www.onpodou.com/

 

次回 東洋医学でいう気とは(中盤) へ続く!

 

3話 東洋医学の力2

前回、少し欲張りボリュームが多くなってしまい私自身、読んでみて読みづらい印象がありましたので、もう少し小出し、一つの話題で完結する読みやすさ重視で行きたいと思います^^;

第3回目となる今回は、東洋医学の力2と題しまして、私自身が過去の症状や鍼を受け、身を持って感じた事や出来事について書きたいと思います。

高校生の頃、部活で腰を痛め、それ以来慢性的に腰が悪く高校卒業後約12年の間にぎっくり腰をなんと4回。3分の1の確率ですね。。症状の度合いこそ違いますが、中々辛いものです。。

そして全てが春に起きているのです。ここが一つのポイントになってます!

そして、ぎっくり腰にならずとも暴飲暴食をした次の日は、感覚的に要警戒レベル4(MAX5)の腰になってます。急に動かしたら、これはやってしまうなという感覚です。お酒を飲んだ次の日もこれに近い感覚を持っています。レベル2~3くらいでしょうか。

ちなみに私は、身体が絶好調の時はお酒を飲むと顔が赤くなりますが(肝臓が強い人ほど赤くなります。アルコール分解がうまくいっている為。)、私自身は通常は青白くなっていくタイプです。

↑これらもポイントです。

では、何が言いたいかというと。第2回で登場しましたこちらの・・・・普通の絵をご覧ください。

五行論1 そのうちもっとポップで見やすい絵に変えますのでしばらくご勘弁下さい。。では、上記の左の絵は生み出す関係などと簡単に説明させて頂きました。

前回はお伝えしてませんでしたが、木や火などには私たちの身体の臓器がそれぞれ配当されているのです。木=肝(西洋的な肝臓とは似ていますが、東洋的には似て少し違った物であると考えてください)・火=心(以下同文)・土=脾(西洋的にみると膵臓でしょうか)主に消化器系と考えてください・ 金=肺水=腎。となります。

よって臓器の並びは、上の絵の上からとなります。

ついで色です。実は色も配当されているのです。上から青・赤・黄・白・黒となります。

次に季節です。上から春・夏・長夏(土用)・秋・冬です。

しかもこれらは全て、少なくとも今から1200年以上前、さらにもっと前に導き出されています。書物によって表現の仕方(長夏を土用と表現したり)はありますが、非常に興味深いものです。簡単な表もご覧ください。

五行色体表まだまだこの他にも沢山の配当がなされています。

そして、次の絵ですが、これは2話で、制限をかける関係、互いにバランスを取っている関係とお伝えしました。

五行論2

 木・水  =  肝

では、これらを踏まえて何が言いたい事だったのか

にぎっくり腰・暴飲暴食後(消化器が弱る)・お酒を飲むと青白くなる

そういうことです。

全てに関係しているのです!※暴飲暴食は消化器である脾とバランスを保っている相手として肝がいるのです。ようはバランスが崩れてしまっているわけです。

肝臓の働きがお酒には左右する!なんてCMなどもしてますが、遥か昔からもしかしたら解明されていたのでは!!なんて思ってしまいます。

とゆうことは、慢性的にある腰痛。普段は身体が持ちこたえている状態だが、上記のきっかけと共にバランスを崩しぎっくり腰となる!!とも推測出来るんです!そして、腰には一本も鍼をせずとも、そのような目的で鍼をしてもらった結果、とても早く回復したのです!!

説明が上手く出来ているか不安はありますが、とても奥が深そうじゃないでしょうか?私自身知れば知るほど興味がでて仕方ありません。笑

最後に一つ私の爪を見て頂きたいのですが。^^;すみません。

IMG_0006

上が、今までの私の爪です。ある時を境に生えてくる時点でボコボコと凹凸がある爪が生えてくる状態でした。下は、定期的に鍼をしてもらってから現在です。ちなみに鍼は4月の中旬くらいからです。そして良い爪が生えてきているのです!

なんの話??と思うかもしれません。

 

では、もう一度少し上に戻って頂き、の左に五栄と書いてある横列を見て頂いて、爪はどこの縦列に当てはまるでしょうか。。

 

 

 

そういうことです。

 

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

 

次回 東洋医学でいう気とは へ続く!

2話 東洋医学とは・東洋医学の力

前回のブログでは自身の事を、長々と読んでいただきありがとうございました。

2話目となる今回は、東洋医学における基本的なことのお話しです。

東洋医学とは何か?皆さまは東洋医学と聞くと何を想像しますか??

鍼灸? 整体? カイロ?(カタカナだし違うかな~)いろいろ浮かんでくると思います。

  • 柔道整復(国家資格)は日本古来の伝統医療で、日本という観点から、東洋医学とも取れますが、柔道整復術に関する源は、西洋医学から翻訳されているものであり、ベースは西洋医学だと思います。
  • カイロプラクティック(日本では民間療法ですが、アメリカなどでは国家資格)はアメリカを発祥国とする、筋骨系、神経系にアプローチする医療です。(日本では医業類似になります)ですので、やはり西洋医学なのでしょう。
  • 整体(民間療法)は日本古来と中国由来のものがあるようです。施術的には似ていますが、医学という観点でいくと、医学ではないと思います。

現在、鍼灸と整体、カイロ、柔道整復などを、一つの店舗として行っている所が多いため、勘違いをされる方もいらっしゃると思います。ですが、それぞれ似て非なるものなのです。

同じ治療院で行われていても、これだけ違うのです。国家資格だから良いとか、民間療法だからどうとかいう話ではなく、身体が辛く、東洋医学の扉を叩こうとする時、医学としての見極めと選択をして頂きたいのです。

私自身もチェーン店化する国家資格(あんま・マッサージ師免許)を有さないマッサージ店で揉んでもらったこともあります。

では、選ぶときに何で分けていくか。。その時、やられて「あ~気持ちよかった」というやられた感を大切にするのか、 その症状を根本的に治したいのかという事に尽きると思います。

結論として東洋医学とは

鍼灸医学、漢方医学合わせたものです。

※東洋ですので、アーユルヴェーダ(インド大陸における伝統医学)を含む事もあります。歴史からさかのぼると、2000~3000年の歴史があり、私のブログではとんでもないことになるかもしれませんので、省略させていただきます。

気になる方は、Wikipediaで東洋医学、中国医学で見てみてください (こんな対応あんまりですが、私の知識だけでは語るに恐ろしい。。。)

では次に西洋医学について少しだけ。

まずは、何と言っても日本は西洋医学です!内科、外科、眼科、耳鼻科etc ここが悪ければこの病院!ととても分かりやすく、一度は必ずお世話になったことがあると思います。医学を引っ張り、新たな可能性を常に進化し続け、新薬の開発や、医療技術の進歩なんて凄いなんてものではないですよね!!あらゆる局面で医学は進歩し人々の支えとなっています。

なのに、患者が減らないのは何故なんだろうか??

医学のみならず現代の進歩の影には、絶え間ない努力があります。特に日本人はとても勤勉だとも言いますよね?新しいものを発明するため・新しいものに順応する為・常に誰かと共有できるSNSが身近にあるため。様々な要因で心と身体は常に刺激の連続です。そうなると、やはりいろんな症状を伴うのです。それこそ、精神的な症状は時代の進化とともに増えています。ここが、患者数の減少に繋がらない一つだと思っています。

東洋医学と西洋医学の違い   

※あくまで私の考えの中なので、東洋医学によった書き方になることをお許しください。。

西洋医学は病名をつけ、それに対する薬の処方。又は手術などで対象となる物体を取っていきます。即効性があり、その時抱える症状が緩和するスピードが速いと思います。西洋医学でなければ治すことの出来ない病もたくさんあると思います。ですが、病名がつかなければ、痛み止めだけの処方もあります。また薬の副作用を伴ったり、薬を止めると痛みが戻ったり。薬の考え方は、薬が蓋となり、悪いものに蓋をする。だと思います。骨折などは骨がくっつくなどゴールが明確です。ですが重い症状の場合、薬を飲み続ければ痛くないなどはゴールとみて良いのかどうなのかと思います。

では東洋医学(ここでは主に鍼灸)ですが、病名はつけれません(法的に)が、そもそもつける必要もありません。なぜなら、病名によって鍼の仕方を変える事はないからです。では、何に対して治療しているのか。それは、身体の各臓器のバランスです。

望診、聞診、問診、切診をとうして、どこの臓器がどう変動しているのかを診ます。これに従って鍼をしていきます。用いるのは鍼と灸ですが、その臓器、身体のバランスを最善に導く手助けであり、身体を良くしていくのは患者様の自身の身体なのです。病の状態や、変動が慢性か急性かなどで完治までの時間は異なりますが、身体は確実に良い方向へと変わっていってくれます。

東洋医学は西洋の薬のようなスピード感はないかもしれませんが、自身の本来の力で病から脱却し生活できる身体をつくる方向へ向かってくれます。もし毎回病院に行っても特に異常は見られないのに、身体には明らかに不調がある。または、症状はないが、数値が高い為に薬を飲み続けている時、生涯薬と寄り添っていくことを選ぶのか、自身の本来の力で病から脱却し生活することを選ぶのかということが、まだ東洋医学を試したことのない方々にお伝えしたいことです。決して西洋医学を否定しようという大それた事ではなく、西洋医学でも改善が望めなく諦めている症状にこそ鍼灸は力を発揮するとお伝えしたいのです。

前回みたいな感覚では書けないですね 汗


では、各臓器の変動を見ていくなど、色々とお話しする前に、考え方のベースの一つにもなる五行論(ごぎょうろん)の一部をお話しします。

 

五行論1まずは、上記のメモ用紙の裏に書いた渾身の絵をご覧ください。

一番上から(木→火→土→金→水)と並びます。これが何を表すかですが、自然界の仕組みです。イラストで伝わると自身はありますが一応。。。

木→いわゆる木を表します。                            火→火、炎を表します。                          土→自然界の土を表します。                        金→土の中にある鉱物を表します。                     水→水、川を表します。

続いて、外の右回りの→ですが、これはその前後の関係を表します。は、薪となりを生み、は燃えて燃やしたものをに帰します。の下には鉱物がありその鉱物(鉄など)から、カマや、ノコギリを生みます。鉱物は冷やされると、キンキンに冷え、表面に水滴を帯び、を生みます。そして木々を栄養する。と一周するのです。                                    これを相生関係といい、何かが欠ければこのバランスは崩れます。

※諸説ありますが、私自身の言葉として書いています。

五行論2では続いて、1枚目の渾身の絵の中にある星形の矢印について、上記の更に渾身の裏紙の絵をご覧ください。

上から、は、が強くなり過ぎない様に時として鎮火させることが出来ます。は、(ノコギリなど)を溶かす力を持っています。は、木々が大きくなり過ぎた様に、間引く為に時として切り倒す事も出来ます。は、のなかにある栄養を吸収します。は、水・川などが氾濫しない様に堤防を作り、川の流れを保っています。

この1枚目の星形はどんな関係かというと、それぞれに制限をかけバランスを保っている関係、相剋関係といいます。

これはすべて人間の身体の臓器の関係の中でも起こっている事なのです。そしてこれが保たれていれば病気にならないというのが、東洋医学の考え方です。


例えば風邪をひくとき。風邪が流行っている中で風邪になる人、ならない人というのは、その風邪に対抗できる身体があるかどうかです。そんな時に、上記のバランスが崩れていれば、まんまと風邪は入ってこれるのです。では、風邪とどう鍼は向き合うのか?

(風邪に鍼?????)

そうです。風邪にも鍼です!上にも書きましたが、身体のバランスが崩れ、そこから侵入した風邪は、バランスを取り戻した身体には容易に追い出すことが出来るのです。     一般的には薬を飲み、熱を下げる。これは最初の方にも書きましたが、身体が闘っているのではなく薬で弱めている状態です。すると、熱は下がったけれど咳だけがどうも続いてしまうといった状態になるのです。そもそも熱が上がる=身体は闘っている状態なのに。。。。。。では、鍼は!鍼は風邪だろうとなんだろと、バランスを崩した一番の要因となる臓器にスポットを当て、そこを回復させるわけです。するとどうでしょう。力を取り戻した身体は、風邪の細菌と闘うわけです。西洋的になりますが、白血球というものは、そういった菌と闘うわけですし。(なぜここで西洋を入れたかは単純に説明がしやすく。。。すみません)

すると結果的に、身体は風邪の菌本来を退治し、症状も抜けていくのです!

と簡単に書くとこういう流れで身体を変え、症状をなくす医学が東洋医学なのです。私自身、鍼と出会ってから風邪で病院に行くことはほぼありませんでした。行くときは、診断書が欲しい時。

診断書が必要な時ってあるんですよね ^^;

と、2話目もなかなかまとまりのない長文となりました。汗

うまく書けるよう努力しますので、読んでいただけたら幸いです。

 

また、ご自身の症状でご相談などありましたら、温穂堂のHPの中のお問い合わせに書き込んで頂ければ、院長がお答えしますので何かございましたらご相談下さい。

温穂堂HP http://www.onpodou.com/

 

次回 東洋医学の力2・大切な気血について へ続く!

1話 自己紹介

初めまして!本日より温穂堂ブログを担当させて頂く、スタッフの齋藤です。

Facebook等の類も初めはやる気を出してみるものの、長続きしないので非常に心配ですが今回のブログはふわっと始めたのではなく、院長先生の指示であり仕事!!と言う事で頑張って更新していきます。

主に身体のケア、東洋医学、鍼灸のことがメインですが、東洋医学など専門的なことは私より詳しく、専門的な事を書かれている諸先生方のブログや、書籍で目にすると思いますので、免許を取り、東洋医学に従事して間もないからこそ感じる部分から書いていこうと思います。

「忙しいとかこつけて、更新しなくなりそう・・・・」 「頑張ります!」

1話目は簡単に私自身の紹介、今に至るまでのお話し

初回は、ほぼ自身の話になりますので、さらっとどうぞ^^;

自己紹介~東洋医学へのきっかけ~

さらっと飛ばされる事にめげずに、自己紹介。

齋藤弘朗 1986年生まれ。

県内の高校を卒業、専門学校で東京へ上京。

新宿にある服飾専門学校にて服作りを学び、レディースアパレルメーカーに営業として就職。

物づくりの楽しさを学び充実した日々を送るも倒産。これをきっかけに取引先だったレディースブランド会社に卸営業として転職。この転職は後に自分の中でとても大きなものとなります。

とても華やかな世界で、展示会をすればテレビや雑誌で見たことのある方が沢山いらしゃいます。夢を描いて東京に出た自分にとっては毎日とても魅力的で刺激的でした。

(いや~楽しかったなぁ)今でも鮮明覚えてるくらいですから。

大きい会社故、やるべき事、やった方がいい事はたくさんあります。中途半端で帰宅したくないし、レベルアップもしたい私は、連日連夜、日を跨ごうとも明るくなろうとも、プライベートも関係なく夢中で仕事をしていました。(あ、、残業は会社的にはNGでしたね。すみません。)

ですが、元来身体がそこまで強くなかった自分は、間もなくして心と体のバランスを崩しました。

感情と無関係に涙が出るなんてことはしょっちゅう 笑

そんな中、お盆などで帰省する度、鍼灸師である父の元へ届く、患者様からのこちらまで笑顔になれるような手紙などを見ていたとき、今まで感じたことのない気持ちが生まれました。

それは、やりたい事をやり、自分の弱さと直面し、自分と向き合った時、自分がこの先何をして、どんな家庭を、未来を描きたいかと。逆に弱さに気づいたからこそ感じれたことだと思っています。

正直、葛藤だらけでした 笑 今までが全て無駄になる、何をしに上京したのか。   でもそんなことなんてどうでも良くなるほど鍼灸の道は魅力溢れるものでした。

そして仕事を辞め、免許を取得する為学校へと入学しました。そして今春ようやく卒業、免許取得となり、鍼灸の道へと従事する事が出来ました。

回り道こそしましたが、ここからまた新たなスタートをきって、当時の自分のようにバランスを崩してしまった方や、悩みを抱える方々の力になれる様に頑張りたいと思います!!!


肩!腰!!膝!!! 鍼ってこんなイメージはあると思います。でも、調べれば調べる程、その鍼灸、東洋医学の本来の力の見せ場はもっと大きな所にあり、身体全体を変える!肩、腰、膝はその一つの結果として良くなると言う事でした。

過去、読んできた患者様からの手紙の内容も、イメージの代表の肩や腰のような疾患ではなく、もっと深刻な状態からの回復、改善の内容でした。

では、それは何か!?身体を変える?? ですよね。

ですが、、、

なにぶん、ただでさえ読みづらい余計な事を長く書いてしまいブログ全体が読みづらくなると嫌なので、次回から・・・・・・。。

いや、そんな自分の生い立ちだけ読まされても!という、大多数の方は、ひとまずホームページ内の症例を見て頂ければと思います。

ですが、私自分が感じていること、東洋医学の本来の持ち味については、次回のブログで改めて書きます!というのも、注目されている分野もありますし、何千年も繋がれてきた東洋医学といえども、西洋医学先行の中やっぱりとっつきにくいとか、分かりにくい用語がたくさんですので、かみ砕いて、イラストなんかも添えて丁寧に更新していきたいと思います。

先は長いので大切に大切に小出しに。。

温穂堂HP http://onpodou.com/

 

次回 東洋医学とは・東洋医学の力 へ続く!